<   2011年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
ブリスベン新店舗情報


東京ほど大きな都市ともなると、数年そこに住んでいなかっただけで

街は大きな変化をとでてしまい、新しい町並みになったのを

驚くものであった。 

その変化の頻度は当然、景気が良ければ早くなる。


アメリカに10年以上も住んでいた私、実は日本への一時帰国は

4年ほどに1度であった。

帰ってくるたびにそれはもう“浦島太郎”状態であったのを記憶している。 


そいう事はどこの都市にいたって体験する事であるはずなのだが、

ここブリスベンは、他国に比べて景気が良いのにもかかわらず、

それはもう時が止まったかのような状態であった。 


が、そんなのんびりオージー経済もここ数年で大きく変わったと思う。

さすがののんびりオージーもそれでは商売ができないと“やっと”

気づいたのであろう、他国なみのビジネス展開に“なりつつ“

あるように思う。

それを象徴するかのように、ここ数年、ブリスベンの中心街、

Queen Street(クイーンストリート)ではいろいろな店がオープンしたり、

クローズしたりしている。 それこそ、他国で見られるように、

数年いなかっただけで風景ががらりと変わっているように思い、

ここブリスベンもやっと”世界並みの都市“になったかと、

ある意味、うれしい現象である。(笑)


さて、そんな“やっと”世界の都市なみのビジネススピード

になりつつあるブリスベンに数週間前に新しい店3つが開店した。 

1つはあのクリスタル・ガラス店で有名なSwarovski(スワロフスキー)

である。ご存知、オーストリア(オーストラリアではない(笑))

で創業されたとてもきれいな光を放出するクリスタル・ガラス

のアクセサリーは見ているだけでほっとするものがある。

女性へのプレゼントとしては最適なものなのだが、

やはりとういか、それなりのお値段でもあります。(笑)

世の中がこんなに不景気なのにこんな店が登場するという事

は富豪層を相手にしたビジネスなのかなと思いますが、

はたしてその富豪層がブリスベンのクイーンストリート

を歩いているのでしょうか?(笑)

確かに今のオーストラリア観光業のターゲットはかつての日本から

中国やアラビア諸国へ完全に移転していますが、

彼らが商売になるほどここにいるのかは疑問です。 

まあ、逆に言うなら“金持ち留学生”は増えているので、

彼らをターゲットにしたと言えば、うなずける事ではありますが。

店内もガーデンシティーショッピングセンター内にある店より

も内装がきれいで高級感あふれるデザインとなっています。

興味がある方はちょっとみてください。

ご結婚をされている方、くれぐれもこの情報を奥さん

に言わないように。(苦笑)

私のようにせがまれるのがおちでしょう・・・



そして、そのスワロフスキーの店の左隣に新しくオープンした店

は2つ並んで男性用の洋服店である。

1つはカジュアル系の男性服を販売していてもう1つは

セミフォーマル系の男性服を販売する店である。

クイーンストリートを端から端まで歩くとお気づきになる

であろうが、“男性用の店”(風俗ではない店)というのが異常に

少ない事にお気づきになるであろう。

靴にしろ服にしろ、ほとんどが女性用ばかりである。 

まあ、これは何もここブリスベンに限った事ではないが、

ファッション系の店となれば男性用を置くより女性用を置いたほうが

店としてはビジネスになりやすいのは現状である。

だから逆にその「クイーンストリートにないタイプの店」として

旗揚げしたのであろうから新規参入としては良いアイディア

となるであろう。服のデザインを見た限りでは30,40台

の男性をターゲットにしたようなデザインであるし、

その手の“客”は市内に勤める人が昼間、たくさん歩いているし。

まあ、後は値段とサービスがどうかである。


最近のオーストラリアもずいぶん変わってきたと思う。
 
以前のようにぶっきらぼうにやっていたのでは、ビジネス

がうまくいかないのに“今になりようやく気づいてきたオーストラリア

のサービス産業”というのが、私が気づく事であるが、

この店だって従来の、オーストラリアの店のような対応

(客を客として扱わない態度)をしていればすぐにつぶれるであろう。


ようやくオーストラリアも“ビジネス”というのがわかってきたような

気がしてちょっとうれしい光景であった。




f0085370_12273519.jpg



f0085370_12282248.jpg


f0085370_1229105.jpg

[PR]
by boeing747taka | 2011-06-05 12:33 | 番外編:コクピットから見る世界