<   2010年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
歴史を変えた豪州政治家の失脚


8月21日の土曜日、ここオーストラリアでは次の首相

を決めるのに重要な選挙が行われた。 


結果はトニー・アボット氏が率いる自由党(Liberal)

が僅差で勝利したというものであった。 

話はここで終わらず、僅差で選挙が終了したためどちらが与党

になるかを選ぶのに(つなわち首相を選ぶ)、

通常は“かやの外”にいるはずの弱小政治団体がカギを握る

という状態になっている。

ようするに首相を決めるのに、この間、初の女性首相として話題

を呼んだジュリー・ギラード氏が率いる労働党(Labour)

と自由党の2大政党の票だけではどちらの党が与党になるか

を決めるのには足りず、人数が数人しかいない政党

がどちらにつくかで結果が決まるという状況になっているのだ。 


ここまで聞くとさぞかし白熱した選挙のように見えるかもしれないが、

実は多くのオーストラリア人は今回の選挙というより最近の政治

に失望しているようである。

ネットやメディアの調査ではだいたい70%前後の人が再選

を望んでいるらしい。 

おそらく事の始まりは前首相ケビン・ラッド氏の失脚から

始まるであろう。彼の失脚の“おかげ”で初の女性首相という

話題を作ったが、その彼の失脚のおかげで、

まだ完全には消えてないが、消えかかっている

Mining Tax(炭鉱税)案が今後のオーストラリアの歴史

を変える重大な出来事だったと思う。



このMining Tax(炭鉱税)案というのは、

オーストラリアの3大産業の1つ炭鉱業の大手会社から

“よけいな税金”を払ってもらうというものである。


この不景気な世の中でもオーストラリア経済安定を支えている

炭鉱業、よけいな税金を払う余裕はあると思うのだが、

もちろん炭鉱関連会社はほとんど大反発である。 


この案を周りの政治からともうまくまとめきれなかった

ケビン・ラッド氏は結局失脚してしまったが、

この案、この先40年、50年という長い目で見るととても理論

の通った良い案だったと思う。 


更に言うならここまで先を見据えた考え方が英語を話す

白人から出てきたのは本当に驚きであった。 



この案の内容は、資源国であるオーストラリアの将来を考えて、

今儲かっているうちに余計に税金をまきあげておき、

いずれは枯れるであろう資源が尽きた際の“緊急予備金”

として保存しておく為のものである。 

いままでの英語圏の白人政治家がここまで先を見据えて物

を言う人がいたであろうか。しかもオーストラリアでである。 


この先、オーストラリアは資源がなくなったらどう生きてゆく

つもりなのであろうか。日本は資源がほとんどない国ではあるが、

国際市場で戦える“商品”がある。

しかし、オーストラリアブランドでそれはない。 

3大産業の他の2つ、教育(留学生相手の大学・英語教育)

と観光だって将来どうなっているかはわからない。 

現に教育は最近の移民法改正によりこれまでアメリカから流れてきた

留学生は、ほとんど帰国してしまったか、

新たに窓を開こうとしているカナダに流れている。


今回の首相がどう移民法を変えるかによってオーストラリア

の教育ビジネスは生きるか・死ぬかの瀬戸際だと思う。

私はおそらく5年以内にすたれると思う。 


同じように観光業だってオーストラリアの観光地として世界的

に有名なゴールドコーストは以前、日本人の観光地としてもとても

有名であった。しかしついこの間までそれが中国人観光客

に取って代わり、それが今、アラビア人に代わろうとしている。


要するに経済上昇とともに増えた中国人だが景気発展が緩和になる

と観光客の数も以前ほど増えなくなり、“好調な”オイルマネー

が最後に残ったという訳だ。 

そしてそのオイルマネーだってオーストラリアの資源と同様、

“いつかは枯れる”であろうに。 

そうなるとオーストラリアはどうなるのであろうか。



そして、歴史を変えた豪州政治家の失脚としてもう1つの事実

を挙げたい。 

リサーチ不足で政治家の名前をつかむことができず恐縮だが、

時は60,70年代の話。 ある政治家がオーストラリア大陸

の真ん中に大きな川を建設する計画を建てたそうな。 



みなさんは、なんでオーストラリアの主要都市が西側

に偏っているかご存知ですか? 

アメリカはNY, LA、テキサス、シカゴなどあちこちに主要都市

がちらばっていますがオーストラリアは西側にきれいに

固まっている。 その理由は“水”である。 


オーストラリア大陸の内陸部には主要都市や経済を支えるだけの

大きな川がないのです。 それがために海に近い場所に都市

が発展してしまったという歴史なのですが、

これに立ち向かう為に、立ち上がった政治家がいたのでした。 


彼はまさにこの問題を理解し、将来のオーストラリアの発展

を願い、大陸内部に川を建設し、アメリカのように主要都市

を各地につくる計画を発表したのでした。 

どういうように彼がプレゼンを行ったのかは知りませんが、

少なかれ“アメリカの例”を出したのかもしれません。 

私の予想にでしかありませんが、この「アメリカのように」

という言葉を当時というより、今もオーストラリア人は好みません。 

アメリカ人をよく思わないオーストラリア人にアメリカを良い例

として挙げるのは筋違いでしょう。 

それがあったのかはわかりませんが、彼の案は通らず、

彼は失脚してしまいました。


この案が通っていてオーストラリア大陸に大きな川が流れていれば、

オーストラリアの歴史に安定的な人口増加や経済発展をみること

が出来た事でしょう。


ケビン・ラッド氏を良い政治家とは思いませんが、

彼のMining Tax案はとても良いものだと思います。 

「良い政治家が当選する」とはいかないのはどこの国でも

同じでしょうが、いくら“信用ができない政治家達”とは言えども

“歴史を変える事ができた”政治家は少なからずしともいる

と思います。 


今回のオーストラリアの選挙の結果がオーストラリア

の歴史を左右する事はないでしょうが、Mining Taxの結果

がどうなったかみなさん、きちんとみておいてください。 


必ず40,50年後のオーストラリアの歴史を変えている

大きな要素ですから。


[PR]
by boeing747taka | 2010-08-31 19:20 | ありえねぇオージーニュース