<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
外国為替両替の知恵




来週の月曜日、8日より妻と3週間ほど日本と韓国へ

行くことになった。 

弟が結婚式を挙げるのでそれに出席するのがメインの理由である。 

妻が韓国の出身なので、もちろん家族に会いに韓国にも行く

予定である。



そこで必要になってくるのが、“外貨”

(俺はオーストラリアに住んでいるので、この場合は日本円をさす)

である。 妻は早くもあれ買いたい、

これ買いたいとショッピングリスト作りにルンルン気分になっている。



 あまり日々の家計簿なんぞ、気にしない人には、少々変

に聞こえるかもしれないが、私は会計士である。 


“職業病”なのであろうか、何をするのにもすぐ数字が頭に浮かび、

その数字を合わせないと気がすまない。 


数ヶ月ほど前からその3週間に必要な予算の資金計画を立てていた。


妻の化粧品類、洋服、くつ、俺の本、二人で遊びに行く居酒屋の料金、

ディズニーランドに遊びに行く費用、弟のお祝いの経費、

妻の新しいデジカメ、などなど。



そこで俺は、現金AUD$2500(当初の予定は$2000)

をここ、オーストラリアで両替して、残りをカードで買い物、

それでも足りなければ、日本の銀行にある金を使う事にした。



そこで、AUD/JPYのレート(豪ドル・円)が常に頭に浮かんできた。



俺の以前の職業はプロゴルファーであったが、

はずかしい話、本職よりも、生活を支える為にと始めた、

投資(外国為替など)やコンサルタントビジネスにて

プチ財産を築いた。 よって為替に関しては、

俺の“専門分野”でもある。 


手元にある豪ドルを日本円に変えるのだから、

豪ドルにとって都合のよいような経済状態になっている時

に交換するのが望ましい。 


その“よみ”をどうするかあれこれ考えていた。 



そして下記の3回による売買が結果である。




1回目(7月16日)


この頃、為替市場の注目は、アメリカ政府の金融機関

に対する援助の姿勢にあった。 

アメリカ大手金融機関がサブプライムローンで莫大

な損失を出したり、地方銀行が破綻していたりしていたので、

アメリカ政府が大手金融機関の援助をするという報道と、

6月の米鉱工業生産指数が3カ月ぶりにプラスとなったほか、

バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が、

米上院の議会証言で「状況によっては、

ドル為替介入の可能性もあり得る」と発言したことを材料

に米ドル買い気配になった。 


その影響で円が売られているのとオーストラリア

の好調な企業データの影響で、

AUD/JPYは$1=100円を越えていた。 


ここでまず、$1000を売買する。



金額: AUD$1000

レート: AUD/JPY=100.70円

手取り:100、700円




2回目(8月11日)



俺の仕事が忙しくなり、特に会計監査の為

の資料作りなどに追われていた為、前回より少々あいてしまった。 


これが痛かった。 



この頃では、もう豪ドルに対してあまり良い経済状態ではなかった。

この頃、一番問題になっていた原油価格の高騰のあおり

を受けてカンタスや大手運送会社が、状態の良くない短期決算

を発表した。その影響でオーストラリアの株は下落し、

ASX All OrdinariesやASX200など連日のように下落して

前日比の値に赤字ばかりを見ていた。 


それに追い討ちをかけるように、オーストラリア政府は、

来月に金利を下げる可能性があると発表した。 


外国為替投資の世界でその国の政府が金利を下げる発表

をするということは、その国の通貨の価値が下がる事を意味する。
 

つなわち、レートが100円だったら90円台に突入してしまい、

豪ドルから日本円に変えるには損をする事を意味する。 

ちょうどその日、レートが95.50になっていた。 


金利のニュースが出たばかりで、これは更に下がると予想し、

ここでもう$1000売買した。 


そして、次の日、更に次の日と予想通り、レートは下がり、

94円、93円と下がっていった。


あの日に変えていなければ、もっと損した事になる。



金額: AUD$1000

レート: AUD/JPY=95.50円

手取り:95,500円 (前回に比べ、5200円少ない)




3回目(9月1日)


オーストラリア政府が正式に金利を上げる・上げない

の発表をする1日前であった。 

市場は、下げると予想していたし、国内情勢を見ても、

金利が高いせいで、住宅ローンの返済に苦しんでいる人

のニュースなどを聞いて、俺自身も下げると予想した。 

更にオーストラリアの炭鉱会社の大手、

BHPが行っている他の豪大手会社、リオ・ティントの買収話に、

審査が入るというニュースもあった。 


これは、世界の炭鉱業のシェアーを持つ大手2つの会社

がくっついてしまっては、独占禁止法に触れるくらいの

シェアーになってしまうのではという話である。 


この話に法的処置がでれば豪ドルも売られるであろうし、

明日の金利の話も合わせてここで“早目の対策”として売買する。 


実はこれ、当初の予定ではいらなかったが、

弟にあげるお祝い関連の金額を増やしてあげようという思いから

更に追加したものである。 


その時は、すでに豪ドルには悪い経済状態だったので、

この“早目の対処”は正解であった。 

そして、次の日、予想どおりオーストラリア政府は金利

を下げる発表をして、レートは下がっていった。 


福田首相の突然、辞任発表の為替レートに対する影響

は一時的であった。 これが影響してくれていれば、

豪ドルにとっても好都合であったが、それはなく、

レートは下がり続け、90円を切ってしまった。 


この判断は正しかった。


金額: AUD$500

レート: AUD/JPY=92.00円

手取り:46000円




今回の売買にて、3回目の売買は急な事なのでレート

が良くなかったのは、良いとするが、2回目の売買は少々痛かった。


まあ、仕事が忙しく、レートを追っかける事ができなかった

のだからしかたないと言えばそれまでだが、

ここで自分の投資経験から得た言葉を思い出した。 




「儲からなかったと悔やむより、損をしなかったと喜べ。」




これは、ああすれば、設けていたのにと悔やむより、

ここでこれをしたおかげでもっと損せずにすんだという

ポジティブな見方の考えである。 


俺の投資人生で何度も心に言い聞かせてきた言葉である。 



第一回目の時に$2000を売買しておくのが今回のベスト

な取引であったであろうが、$2000ものキャッシュ

を持って街中を歩きたくなかったのが最大の理由であるが、

更にあの頃、アメリカの金融機関に対する悪いニュース

ばかりなのと、オーストラリア株に良いニュースが出ていたのと、

円も売られぎみだったのを踏まえて少々、様子を見たかった

のもあった。 


仕事が忙しくならなければ、それができてもっと良い取引

ができたであろうが、ない時間を使ってうまくレート

が落ちる前に取引できたのだからよしとしなければいけない。 


人生、ポジティブに考えようぜ!!



(注:ここで記載しているレートは市場のレートでなく街

にある両替所のレートです。)





[PR]
by boeing747taka | 2008-09-05 22:18 | 市場レポート(為替の巻)
竹島紛争、再び


f0085370_20204024.jpg




f0085370_20205759.jpg




f0085370_20211895.jpg








去る、8月14日のAustralianというオーストラリア

の全国紙の新聞にどこかの韓国系の団体が、

「竹島は韓国のもので、日本と韓国にある海はEast Seaと呼ぶ」

という抗議の広告を出した。 


添付してある写真のとおり、大型版の大きさの新聞、

丸々1ページである。 


この広告に、この団体は約130万円、使ったそうな。 


この広告が出たというのも日本の読売新聞などに記事

が記載されていたので、このニュースを聞いた人はいるであろうが、

実際にこの広告を見た人はあまりいないであろう。




まず、日本海と呼ばずに、East Seaと呼ぶなんて、

竹島の抗議の“おまけ”にしか聞こえないのは俺だけであろうか。



こういう論議は、いくら自分の国の事とはいえ、

両方の言い分をきちんと聞いて、第三者的な見方をしなければ、

話はすすまないのであろうが、両国の意見はあえてここで

論議しないが、今回、俺が言いたいのは

「なぜ、こんな広告をオーストラリアの新聞に出したのか?」である。



 当日、早速、会社の同僚や仕事関係のオーストラリア人

にこの広告を見せてみた。 彼らは、それなりに教養のある人たち

である。 会計士や、マネージャーレベルの人にだって聞いてみた。



するとみんな同じような反応であった。 

「遠い外国の争いをここに記載する何の意味があるの? 

アジアの新聞に、オーストラリアとニュージーランド付近

にある小さな島のケンカを記載したって、

「あっそ」で話は終わるでしょう? 


この記事だって私たちオーストラリア人からすれば、

「そうなんだ、で、何?」で話は終わるよ。」と。 


確かにこの記事は、韓国人側の意見を世界に認識させるため

のものであろうが、この記事を見た彼ら(オーストラリア人)は、

やはり同じ事を言った。 


「なぜ韓国政府は、自分のものだと国連や国際司法裁判所などで

争わないのだ?」と言った。 隣の人が、自分の庭を、

自分のものと主張してきたら、当然、裁判をするであろう。 


それと同じ事である。 そして、みんな最後に笑いながら、

「竹島で石油でも採れるのか? 最近、ガソリンの値段

が高いからね。それやほしいでしょう?(笑)」と聞いてきた。 



韓国は、歴史の話や地図などから自国の領土と主張している。 


しかし、歴史を見れば、歴史というのは、土地の紛争なんて

“戦争に勝った国”のものになっているのである。 

それを言うならヨーロッパを支配していたローマ帝国はどうなる。 


この時代の地図を見れば、ヨーロッパのほとんどがローマ帝国

(イタリア)になってしまうではないか。 

その後、戦争やらなんやらで、新しい国ができて

“世界に認められ”初めてその土地が“国”となっている。 


竹島や日本海だって同じであろう。 昔どうだったでなく、

“今、どうである”の話ではないか。 それが違うと思うなら、

きちんとした手順で世界に訴えてほしいものである。



それは何より、日本政府がアホなくらいに弱腰だから、

こんな事になっているのであろう。 


ロシアをみならってほしいものである。


ちょっと自国の海に入ったか、それとも国境線を越えたのか

越えていないのか分からないのに、

漁船に発砲して死者までだすくらい“強気”に国境を守っている。 


いくら現在、決着がついていないとはいえ、

“人の国の島”に無断で建物を建てたり、

人がすでに勝手に住んでいるのである。 

これを許している日本政府には本当にはがゆい思いである。


ちなみに、この記事の最後に記載されているアドレス

を見てもらいたい。 訴えるサイトにしては、

本当に物足りない出来上がりである。 


俺の周りのオーストラリア人が「何の為に?」

と首をかしげるのも分かるような気がする。





[PR]
by boeing747taka | 2008-09-05 20:21 | 番外編:コクピットから見る世界