<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
元ヤクルトの高津、韓国野球へ挑戦!



韓国の日本語版新聞をネットで読んでいたら、

元ヤクルトに所属していてのちにアメリカのシカゴ・ホワイトソックス

とNYメッツにも在籍していた、サイドスローのクローザー、

高津投手が韓国のチームに所属することになったという記事があった。 


記事によると高津投手が韓国プロ野球史上4人目

の日本人選手らしいが、これには少々、驚いた。


ネットで調べて見ると、何人もの元日本野球を経験している

選手が出てきたが、おそらくこれは、在日韓国人

を外国人として扱っていないために、在日でない

日本人選手が4人目という計算であろう。 


ちなみに、韓国野球は1982年に開幕しているが、

1998年になるまで外国人の入団を許されていなかった。 

98年になりようやく1チーム外人選手2人までという

以前の日本野球のスタイルが認められた。


代表的な元日本野球経験者は、巨人や大洋(現横浜)

などで活躍した新浦投手であろう。 

彼は1984年に韓国に渡っているので、彼は在日韓国人

であったために“外人”として扱われなかったようである。 


そして、近年、選手でなくコーチとして招かれた人もいて、

例えば、 元巨人に所属していた加藤投手などかいた。 


それが功を奏したのか、最近の韓国野球、

特に投手のスタイルは日本野球に近いものがある。 


韓国で野球が始まったのは、1982年であり、

もう一つのアジアの野球をする国、台湾野球は1989年、

そして我が日本は、戦前の1936年からである。 


その台湾野球の開幕戦をTV中継で見ていたが、

いまでも鮮明に覚えている。 まず、今では、アメリカや日本

の野球スタイルにたまに見れるようになったが、当時は、

学生野球でしか見れなかった、“キャッチャーの2番打者”である。 


(言うのも失礼だろうが、それだけ、野球レベルが低かったのであろう。)

そして、笑ったのが、その時のアナウンサーが誰だったか忘れたが、

スコアボードにある打順表(もちろん、漢字全ての文字)

を見て、「これでは、読めませんが、グランドに何人かの

外人選手(アメリカや南米選手)がいるので、

スターティングメンバー表に入っているのでしょうけど

読めないので何番に入っているか分かりません。 

解説の○○さん何番打者が外人選手ですか?」なんて笑える

質問をしていた。 その反面、韓国野球は古くから

アメリカ野球スタイルを受け入れていたのであろうか、

昔から“メジャーに近いアジアの国は韓国”という意見があった。 


韓国野球はアメリカ野球のように、パワー勝負スタイルのもの

であったのである。 しかし、そんなアメリカ野球のスカウト

を裏切るかのように、韓国人選手がアメリカで成功することはなかった。 


アメリカ野球と対照的と思われていた日本野球からでてきた

野茂投手とパク投手がほぼ同じ時期にアジア人選手として

注目を浴びたのが韓国人選手で成功した初めての例

ではないであろうか。 そして、その後、イチロー選手、

最近の福留選手など続いて成功している日本野球とは対照的に、

韓国野球からは、パク投手に続いて何人かの選手がメジャー

で活躍したものの、輝かしいものではなかった。 

(その理由については、別のコラムで書きますので、お楽しみに。) 


さきほど記載したように、近年の韓国野球は、元日本野球で活躍した

選手又は、元中日の宣 銅烈(ソン・ドンヨル)投手など日本で活躍した

韓国人選手をコーチに招いているせいか、

段々と日本野球スタイルと似ているものになってきた。 


そんな矢先に高津選手の契約の話が飛び込んできた。 

しかも、シーズン途中である。 彼は去年、アメリカから戻ってきて

再度契約したヤクルトから自由契約を宣告され、事実上のクビとなった。 


しかし、彼は現役を続行することを望んでいて、日本の他の球団とも

交渉するが、決まらなかった。 高津投手は、アメリカで2年間プレー

したものの、剛球投手というよりかは、変化球などで討ち取る

コントール派の投手である。 


今回、高津投手に契約をもちかけたのは、

ソウル郊外にチームをかまえるウリ・ヒーローズというチームである。 

このチームは韓国のたばこ会社、ウリタバコという会社が今年から

買収して運営している新しいチームである。 

その前は、4度の韓国シリーズを制している強豪チームで、

現代(ヒュンダイ)ユニコーンズというチームであった。

(注:現代(ヒュンダイ)という会社は、日本の三菱のように財閥系

の会社で、車からPC、軍事関連へとビジネスを展開している)

しかし、現代グループの経営不振により球団を手放すことにした。

 
新しく始まったチームにて、“日本野球”からの助っ人を期待しての

契約なのであろうか、もし彼が成功すれば、

日本人選手の“次の舞台”としての選択肢になることであろう。 

彼の明るい性格なら、韓国メディアにもうけることであろう。 


彼の活躍に期待したい!




f0085370_20393883.jpg

[PR]
by boeing747taka | 2008-06-21 20:40 | 番外編:コクピットから見る世界
台湾が日本に戦争をしかけてくる?


6月10日に、“日本領海内”の尖閣諸島・魚釣島近海にて、

日本の海上保安の巡視船と台湾の遊漁船が接触し、

台湾の遊漁船が沈没するという事故があった。

(乗船者16人は全員無事) 


これを受けて台湾政府は猛反発、

「尖閣諸島は、台湾の領土であり、全責任は日本側にあり、

日本政府に謝罪と賠償を要求する。

最終手段として開戦(戦争)もありえる。

という内容の声明を発表した。 


正直な話、これが中国だったら話はわかるが、

なぜ台湾政府がこんな事を言うのだ!! 

と最初にニュースを見た時には、とても驚いた。


俺の感覚では、親日台湾、そして、反日中国のイメージ

であるから、自然と俺自身も、親台湾、反中国になっている。 



実際の話、俺がアメリカに住んでいた1990年代

と2000年前半に、出会った台湾人と中国人は、

日本人に対して“超”対照的な反応を示していた。


(もちろん、これが戦争と政府がコントロールしている

教育からきていることは、百の承知ではあるが。) 


あの当時、台湾では日本のドラマがブームになっていた。

そのせいもあり、ほとんどの若い台湾人は少なからずしも、

日本語の単語を知っているし、浜崎あゆみなど、

日本を代表するミュージシャンの名前を知っていた。 

そして、台湾にあるコンビニでは、日本の歌謡曲が頻繁に流れていた。 

その反面、中国人は日本人を見るやさな、自己紹介をする前に、

南京事件の事や戦争の事を話す。 

中には、日本人が漢字を使っているのを知らないアホまでいた。


(それだけ、外の情報が国に入っていない証拠であろう。 

一番、 笑けたのが、あのサッカーの中田選手が絶頂期

でヨーロッパで活躍していた頃、多くのヨーロッパ人は、

中田選手の事を知っているのに、多くの中国人、

ましては、サッカー好きなやつですら知らなかった。 

そして、驚くことにイギリスかどこかの4,5軍あたりの

下っ端のリーグにいる中国人選手を“アジア人でNo.1の選手だ”

などと世間知らずな事を言って、ヨーロッパ人の笑いをかっていた。) 



そんな訳で、初対面で日本語の単語を発するのが台湾人、

戦争の事を話始めるのが中国人というバロメーターができあがっていた。 

そんな経験をアメリカでしている俺にとって、

この事件は驚きであると共に、残念でもある。残念な事に、

この事件に関しては、台湾メディアから、反日的な報道が過熱している。



そして、16日に、台湾の尖閣諸島は、台湾のものと主張する

活動家12人と台湾メディア30人が乗る抗議船が釣魚島の

1キロ付近まで接近した。 幸いにも、今回は、大きなトラブル

なく彼らは家路についたようだ。



そもそもこの尖閣諸島問題は、この地域にて、石油・資源

が採れるとわかった地点で“急に”中国や台湾が自国の領土

と主張してきた。 おまけに、あいかわらずの“弱腰外交”

の日本政府、“自国”の領土なのに、“共同開発”しましょう

なんて言っている次第である。 まあ、無難な対応といえば

それまでではあるが、日本のように、資源がほとんど採れない

国にとっては、とても歯がゆいものである。


しかし、この事件を冷静に分析してみると、裏で中国政府

が動いているような気配があると思うのは、俺だけであろうか。 

あと1ヵ月半すればオリンピックが開かれる中国にとって、

チベット問題で世界を騒がせているからこれ以上、

中国のネガティブなイメージを世界に見せたくないであろう。 

そこで、台湾を使って問題を起させて、本来、仲が良かった

日本と台湾の仲をさき、元々主張していた“一つの中国”

を作り上げようという戦略ではないであろうか。 

何年も前から、中国の歪な戦略により、それまで台湾と国交

があった国々が次々と国交を絶たれ、台湾から中国へと

国交の関係を移している。(特にアフリカ諸国や南米諸国など) 



今回の事件は、中国にとって一石二鳥なのは一目瞭然である。 


まず、仲が良かった日本と台湾をさき、中国が後押しして、

日本とケンカして、尖閣諸島の主権を取り、そのまま、

台湾を吸収してしまおうという戦略ではないであろうか。 


それにしても、中国政府の言い分もアホらしい。 

尖閣諸島は、沖縄県の東南に位置している。

ちょうど、沖縄県と中国の真中である。 


“常識”のある人間なら、今の時代、沖縄は日本の一部であり、

ハワイはアメリカの一部であることくらい小・中学生でも知っている。 

が、中国政府は、この沖縄を“琉球”という国として見ているため、

日本のものではないと言うのだ。確かに昔、ハワイもそであったように、

琉球王国であった。おそらく、中国政府の役人は、上記のサッカー

の中田選手を知らないように、沖縄が日本になったこと

を知らないのであろう。(笑) まったく世の中の事

を知らないのにもほどがある。 

彼らの“最近の国際情勢”とは何年前の話なのであろうか。 

きっと彼らの頭の中は、南京事件の2,3年後なのであろう。



あと約1ヶ月半で北京オリンピックが開催される。 

俺は、絶対にオリンピック後に“何かが起こる”と予想している。 

それは、歴史に残る大きな出来事が。 

アメリカは、“この機会”を使って世界の主権を握りたいだろうし、

ロシアは最近、石油ビジネスで景気を一気に反転させた。 

そのまま勢いに乗りたいであろう。中国だって“この機会”

で台湾をついに自分の国にしたいであろうし。


それを考えるとわくわくしてくるが、どさくさに紛れて

北朝鮮が日本にミサイルを撃ってこなければ良いが・・・・・


現在、そのエッセイを製作中なので、完成後に、

アップしますね!! 

おたのしみに!!


[PR]
by boeing747taka | 2008-06-18 19:42 | 番外編:コクピットから見る世界
自称「アーティスト」さんの平均年収は?



アメリカのCNNのWeb siteに面白いデータがでていた。


アメリカ国内に住む、自称“アーティスト”の平均年収である。



はたしてみなさん、いくらだと思います彼らの年収? 


まあ、アーティストといっても仕事の範囲は広いでしょうが、

今回の調査は、俳優、ミュージシャン、デザイナー、

作家など11分野で自称アーティストを名乗る人、

約200万人に行ったらしい。



すると、結果は!!???






「約370万円」


これを少ないと見るか、多いと見るか。 

ちなみに、この数字は、アメリカの一般的な専門職

の平均を下回っているそうである。 


私個人的な意見は、“思ったより多い”である。 

アーティストの収入は上を見ればきりがないであろうが、

そんなものほんのひとにぎりの人であろう。 


他の人、というより、大多数の人は、

生活すらまともにできないから、他の仕事をしながら、

明日の夢に向かって生きているのであろう。


(かつての私もそうであった。 

プロゴルファーで成功を夢見て、生活の支えにと、

輸出入のビジネス、為替投資、ビジネスコンサルタント

などをやった。 しかし、結果は、メインのゴルフより、

生活の支えの為の仕事で、一財産を築いてしまった

という悲しい結果ではあるが。(苦笑)) 


そう思っていたので、正直な話、平均が150万円

くらいかと思ったが、なんとかそれだけで生活ができる

収入ではないか。


そして、フルタイムで働く専業アーティストは俳優の場合、

8人に1人、ミュージシャンは、4人に1人のみであった。 

やはり、このデータだけでも、“一握りの人間”なのであろう。


都市別で見ると、アーティストの数が最も多いのは

ロサンゼルス・ロングビーチの14万人、

次いでニューヨークの13万3000人。


人口比ではサンフランシスコが最多で、

ニューメキシコ州サンタフェが2位だった。

サンフランシスコはデザイナーが多く、

サンタフェは作家や建築家の割合が高かった。 


これは、その都市を訪れた事がある人ならなんとなく

うなずけるデータである。 

「ニューヨークが一番じゃないの?」と言う人もいる

であろうが、ロスだって立派なファッションCityなのである。 


そして、建築のサンタフェは、ラテン系の文化がある

ニューメキシコ州のものが主流と思う。 

なんせ、ラテン系の人口が急増していて、

2030年あたりであったか、現在の人口割合で一番多い、

白人をラテン系が抜くであろうというデータもある。 

その影響もあり、アメリカ国内でビジネスをするには、

“スペイン語”、“ラテン文化”をなしでは、成功しない。 

その要因が今回のデータに出たのであろう。


そして、テネシー州ナッシュビルはミュージシャン

が最も多く、ラスベガスにはダンサーと振付師が集中。 


ナッシュビルはなんといってもカントリーミュージック

のメッカである。 



ここでもう一つ質問。 

アメリカ国内で一番売れている音楽ジャンルは?」



アメリカに5年くらい住んだことのある人ならわかるかも

しれないけど、そのカントリーミュージックなのである。 

アメリカの会社で働くと、オフィス内に音楽がかかっている

場合が多い。 その時、ロックだの、クラシックだの

人々の好みによってケンカしないで、無難なのが、

そのカントリーミュージックなのである。 

カントリーミュージックなら、誰でも聞けるし、

(聞き流せるし)「ロックはだめ」

「クラシックを聞くと眠くなる」という苦情が一番少ないらしい。 

それに付け加えて、全米を旅する機会があったら、

地元のレコードショップをのぞいてもらいたい。 

それぞれの地域により、“売れている”ミュージシャン

というのが若干違ってくるのに気づくであろう。 


が、このカントリーミュージックに限っては、全米、

どこにいっても“同じ物”がはやるのだ。 

それゆえんであろう、カントリーが一番売れるのも。 


次のラスベガスのダンサーは、言うまでもない、

ラスベガスといえば、カジノとショーである。


そして、私が長年住んだ、フロリダ州にある、

ディズニーワールドがあるオーランドはエンターテイナー

とパフォーマーが集まっている。  

これは、全てがディズニー関連であろう。 

ディズニーかユニバーサルスタジオ関連のステージ

を目指している人ではないだろうか。 


そして、もう一つ、このデータにはなかったが、

アニメーター(漫画家)が一番集まる所も、

そのオーランドであると思う。


ディズニーといえば、遊園地もあるが、ディズニー映画

を作製している場所でもある。 

その下請け会社も含めると相当の数のアニメーター

がいるに違いない。 ディズニーワールド内で出会った、

アニメ関連のアトラクションで働くお兄さんもその一人であった。 

アニメの専門学校を卒業して、アニメーターを目指して

オーランドにやってきたと語っていた。 


アーティストの平均年収が370万円なんて驚きな数字

ではあったが、そんな数字なんかより、

“夢に向かって生きている”彼らがうらやましくもある。 


かつて、私自身も同じことをやっていたんだな、

なんて、ふっと気づくとしんみりとなっている自分でした・・・・



[PR]
by boeing747taka | 2008-06-13 20:21 | ありえねぇ世界ニュース