ケビン・ラッド氏復活! オーストラリア外務大臣に


9月11日(土曜日)付けのニュースであのオーストラリア首相

を失脚したケビン・ラッド氏が新政権オーストラリアの外務大臣

に任命されたとあった。 

彼は6月に支持率を大幅に下げ、党内のジュリー・ギラード派

に追い出されるように辞任したが、なんとそのギラード新首相

が彼を外務大臣に任命したのである。


これにはいろいろ意見が飛び交うであろうが、

一番の理由は“労働党の安定化“であろう。

今回のオーストラリアの選挙は、選挙後も通常は蚊帳の外

の少数政党が主役になってしまうほど混戦であったのも裏腹、

多くのオーストラリア国民が失望した内容となっていた。

このまま新政権が誕生し労働党がしっかりとしたリーダーシップ

を発揮しなければ次の選挙では確実に負けるであろうし、

下手をするとその前に政権を失ってしまうかもしれない。

よってこの二人による党内の基盤建て直しが必要と思い

ギラード新首相はロッド氏を任命したのであろう。


ケビン・ロッド氏は首相になりメディアの話題に多く上がったが、

彼はもともと外務省の人で、外交問題は得意な人である。 

私は中国語がしゃべれないので、彼の中国語がどれほどの

ものなのかは、判断できないが、オーストラリアのTVでも中国語

をしゃべっている彼の姿が報道されていた。 

私にはきれいな発音に聞こえたが。


首相就任中のロッド氏は、捕鯨問題が悪化した日本とは、

経済関係悪化を懸念しつつも日本政府に問題解決を要求していた。

これにより日豪関係は政府レベルでは悪化したように日本側

の報道にあったが、私はそうは思わない。 

オーストラリアの政治側から見ると“プッシュが足りない”

弱腰対応に見えてならなかった。

失脚した原因の1つでもないだろうか。 


それとは裏腹、日本を抜いて資源ビジネスの第1位大口顧客

となった中国とは良い関係を保とうとした。 

上記のTVにての中国語パフォーマンスもそこからきている。

しかし、中国でオーストラリア炭鉱大手企業、

Rio Tintoの社員がスパイ容疑で逮捕されたあたりから

ロッド氏と中国の関係の歯車は狂い始めたと思う。


この話はその社員が中国の国家機密情報を盗んだ為

に逮捕したとあるが、その前に中国とオーストラリア間で

交渉していた炭鉱関連の契約問題で中国にとっては

うまくない話に終わってしまった事に対しての報復だったのは

目に見えている。それに対抗してかロッド氏は段々と中国

に対し懸念するコメントが増え、最近では中国の軍事拡大

に警戒心を示すコメントを残し、対中関係を悪化させた。 


そんな近年では“失敗続き”の彼を外務省に迎え

なければならないほど、今のオーストラリア政治には安定

が必要なのであろう。


労働党のトップが基盤をしっかりつくる事ができなければ、

次の選挙では確実に労働党は負けるであろう。

ある意味、日本には対豪政策にて中国を振り切り資源国

オーストラリアと良い関係になれるチャンスだと

私は思うのだが、日本の政治家にはそこまで国際感覚

にあふれている政治家なんぞいやしないだろう。 

ラッド氏だって今回の就任にて彼の信頼感を挙げたくて

仕方ないだろうに。 


まあ、政治家の話はどこの国へいっても同じように

不満だらけという事なのであろうか・・・


[PR]
by boeing747taka | 2010-09-11 23:49 | ありえねぇオージーニュース