Book Review: 「機長の集中力」 by 小林宏之


f0085370_19332590.jpg








先月、日本からある本が送られてきた。 

その本についてのBook Reviewを。


おすすめの1冊です。 どうぞ、読んでみてください。

============================================

「あたり前の事をあたり前にやる」そんな簡単で誰にでもでき、

何の資格もいらない事だが、この地球上、はたして何人の人が“日常的”

にできるであろうか。 筆者である小林機長はなんとそれを42年間、無欠勤

という“おまけ”まで付けて成し遂げたのである。 

ケガをしようが体調が悪かろうが何がなんでも仕事に行き、

事をやり遂げる、それをするにはどうすればよいか。


筆者が常に心がけていた事であり、

それが彼の仕事に対する姿勢となって現れている

からこそできた快挙であろう。


本書では仕事への集中力の付け方をメインとし、

体調管理など仕事に対しての姿勢について書かれている。 


読んでいて何も新しい事は無いがおのずと

うなずいてしまうところに「あたり前の事をあたり前にやる」事

ができる人が言える事なのであろう。 

集中力は訓練によりつける事ができ、それは「捨てる技術」とある。 

いままでの集中力とは、一点を見つめて心を無にする事

と思っていたのでこんな違った見方があるのかととても感動を覚えた。 


そしてそれを習慣とする。 

これもまた、「あたり前の事をあたり前にやる」事であり、

“凡人”にはできない事だが、挑戦する事によりできる事であろう。 


最後に、筆者が「パイロットという職業が好きで好きでたまらなくなり、

飛べるということにだけで本当に幸せでした。

これこそ、自分の天職だと感じるようになりました。

生まれ変わったとしても、また、パイロットになりたいと思っています。」

とこの本の最後の箇所で記している。 


いくら、パイロットという職業が花形職業とはいえ、

定年を迎えてこのような発言ができる人は

いったい何人いるのであろうか。 


そして、それを言えるくらいのすばらしいキャリアを歩めた事がとても

うらやましいかぎりである。 

(もちろん、それは彼の努力であった事は言うまでもないが。)




[PR]
by boeing747taka | 2010-05-20 19:33 | 番外編:コクピットから見る世界