PCと携帯電話がなくなる日


アメリカ時間の4月3日(土曜日)ついにあの話題の

”iPad”がアップルストアーなどで販売を開始した。 

今回購入できるのは事前に予約を取っておいた人のみだったので

そんなに混雑もなく事を終えたようである。 

それでも毎度の事、“徹夜組”がでていたようであるが。 

(注:この徹夜してまで並んで何かを買うというのは

日本ではおなじみであろうが、アメリカでは“異常”な事である。

その異常な事をおなじみにしてしまった

アップルの市場の影響力というのはすごいと関心するばかりである。)



さてこのiPad、みなさんも写真で見たことがあると思うが、

はやく言えば最近のiPod touchを大きくして

PC機能を付けたようなものである。 


PCであるのにキーボードやマウスは付いていなく

(アクセサリーとしてあるようであるが)

必要に応じて画面にキーボードが出てくる。 

実はこのタッチスクリーンタイプのPCが市場に出回るのは今回

が初めてではない。日本のメーカーが同様のPC

を何年か前に発売していて売れずに撤退していたとうニュース

を聞いて驚いた。 電気屋やPCショップにはよく行くがそんなもの

売っていたかな? 


残念ながら“時代の流れを読めずに、早すぎた販売”

であったのであろうか。

(注:レストランなどにあるタッチトーンスクリーンでなくiPadのように一般用

の携帯PCとしての発売であった。)



この注目を一気に浴びているiPadであるが、私はこの流れがPC市場

を変えると思っている。 ちょうどラップトップが市場に出回りデスクトップから

PCの主流市場を奪い取ったように、今度はiPad(とその類似製品)

がラップトップ市場を奪い取る日が何年後かにはくると思う。

学校では学生がiPadのみを持ち通学。その中にはダウンロードした

Eブックバージョンの教科書が入っていて、それを見ながら授業を受けて

iPadでノートをとる。オフィスで働いている人もiPadのみを持ち通勤。 

自分の机に置き、会社のシステムにアクセスして仕事をする。 

もちろん会議などでもiPadを持ち込み、

それを使いプレゼン、ノート記述をする。


そして、更に言うなら、その“携帯型PC”のサイズが段々と小さくなり最後

は携帯電話とくっついてしまい、従来の携帯電話の市場まで

奪ってしまうのではと思う。 

まあ、これは、上記のラップトップ市場が奪われてしまった後の話

になるであろうが、新しいバージョンが、何度が発売され持ち運ぶのに

丁度良いサイズになってきたら次は

「PCと携帯を持つのが不便」とiPadと携帯電話が合体してしまうと思う。 

おそらくアップルなりソフトバンクあたりなんかそんな市場戦略

をすでに描いているのではないだろうか。



そしてその後は、「手で操作するのもめんどくさい」とまるでSF映画にでてくる

脳波認識操作や音声認識操作など、手を使わずに人間の脳や声

を利用してPC(その時代には他の名称になっているだろうが)

を操作するという日がくるであろう。



今回、発売されたiPadはそんな未来への橋渡しの第一歩

のような気がしてならない。



[PR]
by boeing747taka | 2010-04-05 21:42 | 番外編:コクピットから見る世界