氷山がニュージーランドを直撃!!


去年の暮れのニュースでとてもおもしろい内容だが、

結構と深刻なニュースがあった。 


地球温暖化関連の話であるが、なんでも、その温暖化のせいで、

南極の氷山が溶けて分裂したものがニュージーランドに直撃する

恐れがあるという報道であった。 

まるで映画の話にでてきそうな話だが、南極近辺を走行している

船乗りから通報が何度があり、しかもそのサイズが長さ

150メートル、高さ25から30メートルにも及ぶ、

まるで1隻の船のサイズのものが海に浮びニュージーランド方面

に目掛けて“クルーズ”していたらしい。 


ニュージーランド政府はニュージーランドから400km付近

まで氷山が近づいているのを確認しているし、

オーストラリアの研究者は、20にもおよぶ氷山を確認している

と発表があった。 そして、サテライトから南極を観測すると

1000Kmにも氷山は砕けて散らばっているそうだ。 


もちろん一番、警戒しなければならいのは、その近辺を通る輸送船

などであろうが、“その近所の住民”であるニュージーランド

も映画みたいな話が本当になるのではと、気が気でないであろう。 


最後にこのサイズの大きな氷山が確認されたのは2006年であり、

最後にニュージーランドの土地から目測で氷山を観測できるくらい

に近づいたのは1931年らしい。 


これが続いておこると、少なからずしもニュージーランドの面積

が海につかり面積が減るであろう。 そうなると日本の面積だって

いつの日かは半分以下になってしまうのかな。 


ニュージーランドにとって氷山を海軍船の大砲で破壊したって、

水の量が増えるのは変わらないだろうし、なんなら船に乗せて氷の量

が減っているシベリアやアラスカに送っても、地球規模から考える

と同じ意味であろうし。 


やはり温暖化に対する対策を急がないといけないのだろうけど、

鳩山さん、2020年までに温室効果ガスを25%減らすなんて

“豪語”して大丈夫なのでしょうか(笑) 

言ってるだけで何もしてないみたいですけど(笑) 


彼はこのニュースを知っているのであろうか。




[PR]
by boeing747taka | 2010-01-15 19:29 | 番外編:コクピットから見る世界